カードローンには消費者金融が発行しているカードローンと銀行が行っているカードローンの二種類が存在しています。使い方はほとんど同じなので、どちらを選べばいいのか非常に分かりにくいのですが銀行のカードローンには消費者金融には無い大きなメリットが存在しています。

 

まず一つ目は金利の安さです。消費者金融と比べて銀行のカードローンは金利が非常に安いのが魅力だと言えます。一般的な消費者金融のカードローンは金利設定が4.9%〜18.5%程度の間で設定されている場合が多いのですが、銀行のカードローンの場合には3%〜15%程度で設定されている場合が多いため、消費者金融を利用するよりも確実に金利の支払いを抑えることが出来ます。

 

何よりも最低金利も最高金利もどちらも消費者金融より低く設定されていることが多いため、少額借りる場合でもたくさん借りる場合でもメリットが大きいと言えます。

 

最高限度額も消費者金融よりも高くなっていることが多く、消費者金融の限度額の多くが300〜500万円なのに対し、銀行のカードローンの場合は800万円といった非常に高い限度額を設定している銀行もあります。中には1000万円まで借りることが出来る銀行もあるため、住宅購入費用の頭金などにも利用出来て非常に利便性が高いのも特徴の一つです。

 

これだけ見ればメリットしか無いように見えますが、
実は銀行のカードローンにもデメリットは存在しています。

 

まず一部の銀行を除いて即日審査や即日融資を行っていないと言うことです。ネット専業の楽天銀行やみずほ銀行などは即日審査即日融資を可能にしていますが、ほとんどの銀行が審査数日時間がかかるため、急いでお金を都合したい場合にはなかなか利用できません。消費者金融はほとんどの業者が即日融資可能になっているためその点は銀行のほうが劣っているといえるかもしれません。

 

審査基準に関しても消費者金融よりも審査が厳しい場合が多いため、消費者金融のカードローンは利用出来たのに銀行はダメだったということも考えられます。メリットとデメリットをしっかり把握したうえで銀行のカードローンを利用しましょう。

キャッシングはいつでも好きな時にお金を引き出すことが出来る為、急にお金が必要になった場合にも活躍してくれる便利なローンです。

 

キャッシングを行った際、必ず返済という義務が生じますから借りたお金を返す必要があります。カードローンとよく混同してキャッシングのことを考えてしまう人が多いようですが、キャッシングの返済方式はカードローンとは大きく異なると言うことを知る必要があります。

 

カードローンは借りたお金を金額に応じて、毎月の返済額が変動するようになっているため、お金をたくさん借りれば返済額は上がり、返済が進めば自動的に返済額は下がるというシステムになっています。ですからたくさん借りても返済額が一気に跳ね上がるということはありません。

 

しかしキャッシングの返済方式は、借りた金額は翌月全額返済するということが基本となっているため、10万円借りたら10万円とそれに対する金利をプラスした金額を一括返済することになります。

 

便利だからと借りすぎてしまうと、翌月の返済時に返済が出来ないということにもなりかねません。カードローンとキャッシングは似て非なるものだということをしっかりと認識する必要があります。

 

ただ、最近のキャッシングには一度に返済できない人のためにリボ払いに変更できる機能を持ったものが登場しています。これは通常は借りた金額を翌月一括返済しなければいけないところを、リボ払いに変更することによってカードローンのような定額の支払いに変更できるというシステムです。

 

これを利用すれば、借りたお金を分割して支払うことが出来る為、借りすぎた場合でも返済に困るということは回避できるでしょう。ただし、リボ払いに変更するということは、支払い期間が長期化するということにもなりますし、支払う金利も増えるということになります。

 

キャッシングの場合は出来るだけリボ払いに変更せず、翌月一括払いで返済を行ったほうが、無駄な金利を抑えることが出来ると思います。

貸金業法に則って営業を行っている貸金業者を利用する場合、総量規制という法律が適用されることになります。総量規制という法律は、多重債務や借り過ぎによる生活苦から消費者を救済するために制定された貸金業法の法律で、誰もが必ず適用される法律になっています。

 

総量規制という名の通り、貸金業者から借りるお金を総量を規制するのが総量規制の役割となっています。簡単に言えば、収入が少ない人にはたくさん貸してはいけないという非常に分かりやすい内容です。

 

基本的には年収の三分の一以上の貸し付けを禁止しているため、年収が少なければそれだけ借りることが出来るお金が少なくなり、逆に年収が置ければ多いほど借りることが出来るお金が増えると言うわけです。

 

例えば、年収が300万円の人と600万円の人の場合、300万円の人は100万円まで、600万円の人は200万円までお金を借りることが出来るわけです。年収が倍ならば借りることが出来るお金も倍になりますし、年収が減れば借りれる額も減っていきます。

 

ですから年収が600万円だったのが不景気のあおりで400万円に減ってしまった場合、総量規制によって130万円程度しか借りることが出来なくなります。

 

消費者金融では数年に一回、収入証明書の提出を義務付けている場合が多いため、年収が下がっていた場合にはカードローンなどの利用枠を制限されてしまいます。

 

この総量規制は消費者金融だけではなく、クレジットカードのキャッシング枠にも適用されますから、もしキャッシング枠の利用がある場合には消費者金融での利用枠がそれだけ制限されてしまいます。

 

カード会社ごとの規制ではなく借りた総量に対する規制ですから、気を付けないとクレジットカードのキャッシングが利用できなくなるという場合も考えられます。特にキャッシング機能付きのカードを複数枚所有している場合には、それらすべてが対象となるため気が付かないうちに利用枠の制限がかかっていたと言うことも考えられます。

 

年収に見合った借り入れを行なえば総量規制は特に問題ないはずですし、車や家のローンには適用されませんからその点は安心して良いと思います。

カードローンやキャッシングを申し込む際に必要な書類は何が必要かですが、基本的にどの金融業者に申し込む場合でも必要となる書類はほぼ同じとなります。

 

まず必ず必要になるものが身分証明書です。身分証明書で確実なのは運転免許証です。
これはどの金融業者でもこれ一枚で身分証明になりますから最も使いやすい証明書だと言えます。

 

もし運転免許証が無い場合にはパスポート、健康保険証、住基カードなどが代わりの証明書となります。ただしこの証明書に関しては金融業者によっては採用していない物もありますし、健康保険の場合には別途現住所が分かる住民票や公共料金の領収書などを合わせて提出する必要があります。

 

住基カードの場合には1枚で済みますが、身分証明書として採用していない業者も多いようですから申し込む前に確認したほうが良いでしょう。運転免許証も、記載されている住所と現住所が違う場合には住民票などの提出か住所変更行ってから申しこまなければいけません。

 

次に必要となるのが収入が分かる書類です。収入証明書と呼ばれるもので、源泉徴収票、給料明細書、所得証明書などがこれにあたります。これは現在収入が有るのか否かを調べるために必要なので、必ず準備をしておいたほうが良い書類です。

 

ただし、申し込む金額によっては収入証明書の提出が必要ない場合もあります。業者によって異なりますが、50万円〜300万円以内の申込みであれば、身分証明書だけで申し込みできる業者も増えていますから、確認してから申し込めば用意する書類の数を減らすことも出来るでしょう。

 

300万円以上の申し込みの場合には、必ず収入証明書の提出が必要ですからその場合は用意しておきましょう。それと300万円以下の申し込みの場合でも、他社に借り入れがある場合や、審査段階で問題が生じた場合には収入証明書の提出が必要になりますから注意が必要です。

 

基本的には以上2種類の書類があれば申し込み可能ですから、カードローンを申し込む前に準備しておきましょう。

消費者金融や銀行のカードローンやキャッシングの説明に、必ず金利の説明があると思います。

 

ほとんどの場合4.5%〜18.0%といったように、小さな金利と大きな金利の数字が記載されているはずです。これはお金を借りた際の金利の変動幅を示すもので、上限金利と下限金利と呼ばれています。

 

初めてお金を借りる場合、低いほうの金利だけを見て借りてしまう人もかなり多くいるようですが、借りる金額によって適用される金利が変わってくるため自分がいくら借りるのかが非常に重要になってきます。

 

安く記載してある上限金利は、その金融業者で借りることが出来る最大限度額まで借りた場合に適用される金利で、ほとんどの場合300万円〜500万円といった設定金額まで借りないと適用されません。

 

逆に上限金利という高いパーセントで記載してある金利は、30万円程度まで借りた場合にはほとんどが上限金利の適用になります。30万円借りたからと言って下限金利が適用されるわけではないと言うことです。

 

30万円以上借りた場合には、下限と上限の間の金利が変動して適用されていきますから、お金を多く借りれば借りただけ下限金利に近い金利の適用になります。

 

ただ最初から100万円単位での借り入れは出来ない場合が多いはずです。ですから下限金利だけを見てお金を借りてしまうと上限金利がとても高かったと言うことにもなりかねません。金融業者によっては下限金利が高めで上限金利が低い業者や、逆に下限金利が非常に低く上限金利がとても高い設定になっている業者もあります。

 

これは借りる額で業者を選ぶ際にとても重要なポイントとなってきます。少額借りるのなら上限金利が低い業者を選べば良いですし、多額の借り入れが必要な場合には下限金利が出来るだけ低い業者を選ぶほうが金利の無駄を省くことが出来ます。

 

ほとんどの場合、30万円程度の借り入れが多いはずですから、上限金利をチェックしてから申し込みを行なえば間違いが起きにくいのでは無いでしょうか。