キャッシングの返済方式について

キャッシングはいつでも好きな時にお金を引き出すことが出来る為、急にお金が必要になった場合にも活躍してくれる便利なローンです。

 

キャッシングを行った際、必ず返済という義務が生じますから借りたお金を返す必要があります。カードローンとよく混同してキャッシングのことを考えてしまう人が多いようですが、キャッシングの返済方式はカードローンとは大きく異なると言うことを知る必要があります。

 

カードローンは借りたお金を金額に応じて、毎月の返済額が変動するようになっているため、お金をたくさん借りれば返済額は上がり、返済が進めば自動的に返済額は下がるというシステムになっています。ですからたくさん借りても返済額が一気に跳ね上がるということはありません。

 

しかしキャッシングの返済方式は、借りた金額は翌月全額返済するということが基本となっているため、10万円借りたら10万円とそれに対する金利をプラスした金額を一括返済することになります。

 

便利だからと借りすぎてしまうと、翌月の返済時に返済が出来ないということにもなりかねません。カードローンとキャッシングは似て非なるものだということをしっかりと認識する必要があります。

 

ただ、最近のキャッシングには一度に返済できない人のためにリボ払いに変更できる機能を持ったものが登場しています。これは通常は借りた金額を翌月一括返済しなければいけないところを、リボ払いに変更することによってカードローンのような定額の支払いに変更できるというシステムです。

 

これを利用すれば、借りたお金を分割して支払うことが出来る為、借りすぎた場合でも返済に困るということは回避できるでしょう。ただし、リボ払いに変更するということは、支払い期間が長期化するということにもなりますし、支払う金利も増えるということになります。

 

キャッシングの場合は出来るだけリボ払いに変更せず、翌月一括払いで返済を行ったほうが、無駄な金利を抑えることが出来ると思います。