上限金利と下限金利って何?

消費者金融や銀行のカードローンやキャッシングの説明に、必ず金利の説明があると思います。

 

ほとんどの場合4.5%〜18.0%といったように、小さな金利と大きな金利の数字が記載されているはずです。これはお金を借りた際の金利の変動幅を示すもので、上限金利と下限金利と呼ばれています。

 

初めてお金を借りる場合、低いほうの金利だけを見て借りてしまう人もかなり多くいるようですが、借りる金額によって適用される金利が変わってくるため自分がいくら借りるのかが非常に重要になってきます。

 

安く記載してある上限金利は、その金融業者で借りることが出来る最大限度額まで借りた場合に適用される金利で、ほとんどの場合300万円〜500万円といった設定金額まで借りないと適用されません。

 

逆に上限金利という高いパーセントで記載してある金利は、30万円程度まで借りた場合にはほとんどが上限金利の適用になります。30万円借りたからと言って下限金利が適用されるわけではないと言うことです。

 

30万円以上借りた場合には、下限と上限の間の金利が変動して適用されていきますから、お金を多く借りれば借りただけ下限金利に近い金利の適用になります。

 

ただ最初から100万円単位での借り入れは出来ない場合が多いはずです。ですから下限金利だけを見てお金を借りてしまうと上限金利がとても高かったと言うことにもなりかねません。金融業者によっては下限金利が高めで上限金利が低い業者や、逆に下限金利が非常に低く上限金利がとても高い設定になっている業者もあります。

 

これは借りる額で業者を選ぶ際にとても重要なポイントとなってきます。少額借りるのなら上限金利が低い業者を選べば良いですし、多額の借り入れが必要な場合には下限金利が出来るだけ低い業者を選ぶほうが金利の無駄を省くことが出来ます。

 

ほとんどの場合、30万円程度の借り入れが多いはずですから、上限金利をチェックしてから申し込みを行なえば間違いが起きにくいのでは無いでしょうか。

 

金利のチェックはこちらのサイトから⇒サラ金業者一覧表