銀行カードローンのメリットとデメリット

カードローンには消費者金融が発行しているカードローンと銀行が行っているカードローンの二種類が存在しています。使い方はほとんど同じなので、どちらを選べばいいのか非常に分かりにくいのですが銀行のカードローンには消費者金融には無い大きなメリットが存在しています。

 

まず一つ目は金利の安さです。消費者金融と比べて銀行のカードローンは金利が非常に安いのが魅力だと言えます。一般的な消費者金融のカードローンは金利設定が4.9%〜18.5%程度の間で設定されている場合が多いのですが、銀行のカードローンの場合には3%〜15%程度で設定されている場合が多いため、消費者金融を利用するよりも確実に金利の支払いを抑えることが出来ます。

 

何よりも最低金利も最高金利もどちらも消費者金融より低く設定されていることが多いため、少額借りる場合でもたくさん借りる場合でもメリットが大きいと言えます。

 

最高限度額も消費者金融よりも高くなっていることが多く、消費者金融の限度額の多くが300〜500万円なのに対し、銀行のカードローンの場合は800万円といった非常に高い限度額を設定している銀行もあります。中には1000万円まで借りることが出来る銀行もあるため、住宅購入費用の頭金などにも利用出来て非常に利便性が高いのも特徴の一つです。

 

これだけ見ればメリットしか無いように見えますが、
実は銀行のカードローンにもデメリットは存在しています。

 

まず一部の銀行を除いて即日審査や即日融資を行っていないと言うことです。ネット専業の楽天銀行やみずほ銀行などは即日審査即日融資を可能にしていますが、ほとんどの銀行が審査数日時間がかかるため、急いでお金を都合したい場合にはなかなか利用できません。消費者金融はほとんどの業者が即日融資可能になっているためその点は銀行のほうが劣っているといえるかもしれません。

 

審査基準に関しても消費者金融よりも審査が厳しい場合が多いため、消費者金融のカードローンは利用出来たのに銀行はダメだったということも考えられます。メリットとデメリットをしっかり把握したうえで銀行のカードローンを利用しましょう。