お金を借りるのに必要な書類は?

カードローンやキャッシングを申し込む際に必要な書類は何が必要かですが、基本的にどの金融業者に申し込む場合でも必要となる書類はほぼ同じとなります。

 

まず必ず必要になるものが身分証明書です。身分証明書で確実なのは運転免許証です。
これはどの金融業者でもこれ一枚で身分証明になりますから最も使いやすい証明書だと言えます。

 

もし運転免許証が無い場合にはパスポート、健康保険証、住基カードなどが代わりの証明書となります。ただしこの証明書に関しては金融業者によっては採用していない物もありますし、健康保険の場合には別途現住所が分かる住民票や公共料金の領収書などを合わせて提出する必要があります。

 

住基カードの場合には1枚で済みますが、身分証明書として採用していない業者も多いようですから申し込む前に確認したほうが良いでしょう。運転免許証も、記載されている住所と現住所が違う場合には住民票などの提出か住所変更行ってから申しこまなければいけません。

 

次に必要となるのが収入が分かる書類です。収入証明書と呼ばれるもので、源泉徴収票、給料明細書、所得証明書などがこれにあたります。これは現在収入が有るのか否かを調べるために必要なので、必ず準備をしておいたほうが良い書類です。

 

ただし、申し込む金額によっては収入証明書の提出が必要ない場合もあります。業者によって異なりますが、50万円〜300万円以内の申込みであれば、身分証明書だけで申し込みできる業者も増えていますから、確認してから申し込めば用意する書類の数を減らすことも出来るでしょう。

 

300万円以上の申し込みの場合には、必ず収入証明書の提出が必要ですからその場合は用意しておきましょう。それと300万円以下の申し込みの場合でも、他社に借り入れがある場合や、審査段階で問題が生じた場合には収入証明書の提出が必要になりますから注意が必要です。

 

基本的には以上2種類の書類があれば申し込み可能ですから、カードローンを申し込む前に準備しておきましょう。