総量規制の対象外って一体なに?

貸金業法に則って営業を行っている貸金業者を利用する場合、総量規制という法律が適用されることになります。総量規制という法律は、多重債務や借り過ぎによる生活苦から消費者を救済するために制定された貸金業法の法律で、誰もが必ず適用される法律になっています。

 

総量規制という名の通り、貸金業者から借りるお金を総量を規制するのが総量規制の役割となっています。簡単に言えば、収入が少ない人にはたくさん貸してはいけないという非常に分かりやすい内容です。

 

基本的には年収の三分の一以上の貸し付けを禁止しているため、年収が少なければそれだけ借りることが出来るお金が少なくなり、逆に年収が置ければ多いほど借りることが出来るお金が増えると言うわけです。

 

例えば、年収が300万円の人と600万円の人の場合、300万円の人は100万円まで、600万円の人は200万円までお金を借りることが出来るわけです。年収が倍ならば借りることが出来るお金も倍になりますし、年収が減れば借りれる額も減っていきます。

 

ですから年収が600万円だったのが不景気のあおりで400万円に減ってしまった場合、総量規制によって130万円程度しか借りることが出来なくなります。

 

消費者金融では数年に一回、収入証明書の提出を義務付けている場合が多いため、年収が下がっていた場合にはカードローンなどの利用枠を制限されてしまいます。

 

この総量規制は消費者金融だけではなく、クレジットカードのキャッシング枠にも適用されますから、もしキャッシング枠の利用がある場合には消費者金融での利用枠がそれだけ制限されてしまいます。

 

カード会社ごとの規制ではなく借りた総量に対する規制ですから、気を付けないとクレジットカードのキャッシングが利用できなくなるという場合も考えられます。特にキャッシング機能付きのカードを複数枚所有している場合には、それらすべてが対象となるため気が付かないうちに利用枠の制限がかかっていたと言うことも考えられます。

 

年収に見合った借り入れを行なえば総量規制は特に問題ないはずですし、車や家のローンには適用されませんからその点は安心して良いと思います。